各フィルムシュミレーションの特徴と設定をまとめる

 

FUJIFILMのデジタルカメラを使っている方ならお馴染みフィルムシュミレーション。自分でも何となくお気に入りの設定はあるのだけれど、いまいちそれらの違いを分かりきっていないなあと感じていました。特にモノクロ。四種類あって、その違いはなんなのだろうと。
実際に3色くらいの花が入る構図で撮影してみたので、その写真をあげつつ、違いを認識したいと思います。

順番は、カメラの順番通り、Provia/スタンダード、Velvia/ビビッド、Astia/ソフト、クラシッククローム、Pro Neg. Hi、Pro Neg. Std、モノクロ、モノクロ+Yeフィルター、モノクロ+Rフィルター、モノクロ+Gフィルターです。

 

各フィルムシュミレーションの特徴

 

—Provia/スタンダード—
全体的な発色は標準レベル。総じてバランスのよい印象。このProviaを比較対象にして、それぞれのモードを見てみました。


—Velvia/ビビッド—
Proviaよりも彩度が高め。全モードの中でも最も発色にメリハリがでる。花の色、夕焼け、マジックアワーの青色など、色を表現したい!というときに出番が多い。でもどの色もはっきり主張してくるので、複数の色が有るときに若干困る。少なくとも2色までのときに使ってます。


—Astia/ソフト—
Proviaよりも若干だけ彩度が高いかな?いや、階調がやさしいからかも。Proviaでは柔らかい感じが出ず、もう少し柔らかな感じで。。。ソフトだけに。。。という場面で試すことが多い。


—クラシッククローム—
Proviaと比べると、随分シックな感じ。彩度は落として、コントラストを高めてという印象。リアルさ、という表現が正しいのかわからないけれど、彩度は抑えてキリッと写してくれる印象。花とか景色には向かないけど、どこか寂しげ・哀愁漂うものを撮影するときに良く使ってます。


—Pro Neg. Hi—
Proviaよりも階調が硬め。彩度の違いはあまり感じない(対象によるのかも)。


—Pro Neg. Std—
1つ上のHiよりもさらに階調が優しい。コントラストを感じない。クラシッククロームと正反対の印象。

まだポートレートなどを撮影したことがなく、Pro neg. Hi および Pro neg. Stdはあまり使ったことがありません。なので、余計なことは書かないでおきましょう。。。
でもStdとかは、人の写真のときとかは素敵な感じになりそうじゃないですか?ふわっと系ね、ふわっと。

ここからはモノクロの比較。


—モノクロ—


—モノクロ+Yeフィルター—


—モノクロ+Rフィルター—


—モノクロ+Gフィルター—

YeとRは青色の強調に使え、Gは肌色の表現に優れているとの記載ありです。
そのままに従って、使っています。赤色の部分の色が結構違うんだね。知らなかった。

一応セピアもありますが、使っていないために省略です。
こうやってみると、こういう表現の時はこのシュミレーションかなとか考えれて良いですね!

・色の主張をしたい → Velvia, Provia
・哀の表現 → クラシッククローム、懐かしさならPro Neg. Stdも良いかも。
・優しさ・柔の表現 → Astia、Pro Neg. Std
・光(影)の描写 → モノクロ、空を含むか否かでフィルター変更。(赤色部分に注意)

 

フィルムシュミレーションの設定

 
私はフィルムシュミレーション ブラケットの機能を使って、いつも三種類で撮れるようにはしています。
ブラケットっていうのは、シャッタースピードとか露出補正の段階を三種類くらい設定しておいて、撮影の際にそれぞれの設定で撮った写真を残しておく機能のことです。
富士フィルムではそのブラケットに、フィルムシュミレーションがあるんです!
まるで、我々ユーザーが「ああ、こっちのシュミレーションも試したい。。。ああ、こっちも。。。」と感じるところに、

 
富士フィルム「そうやろ?ほら、ブラケットだ!3つ欲しいのか…イヤしんぼめ!」

 
みたいに言われている感覚。ありがたや〜。
私は、いつもの三種類として、雰囲気の違うAstia、クラシッククローム、モノクロの3つを選んでる。
ただ、モノクロで見たい!って思ったときは、ブラケットを切って、モノクロ単体に。(なぜか、ブラケット使用時はモノクロで撮影画面を見ることが出来ません。強制的にカラーに。出来たらいいのにな。)

 
感覚の違う3つをいつも揃えておくと、自分で狙った雰囲気の写真も撮れるし、思わぬ面白い写真が撮れてたりもします。
状況によって、変えることが多いのはAstiaかな。Velviaにしたりとか。
とまあ、このブラケット機能はほんと便利なんで、おすすめ!

 
フィルムシュミレーションをブラケットで使いたい?もちろん、使えるよ!
そう、富士フィルムならね。。。

 
うん、
ここまであまり使えていないPro Neg. Hi およびStdは、これから活かしていきたいです。
人物写真撮る機会、あるかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA