山の近くの神社の写真

 

この間の記事で書いた大木が祀られていた神社。
手前に舞台のような場所・建物があって、その奥に本殿があるような形式になってました。
山の手前、いわゆる田舎の民家が立ち並ぶ間にふと現れる神社。
大木と合わせて、神聖な雰囲気がありました。


— カメラ:X30、f/9.0、1/100、ISO160 —

少し引いた感じで撮影。上の瓦と下の石垣もよい雰囲気だったので入れてみている。
でも、そちらに目線が行ってしまって、奥の本殿の神聖な雰囲気はでていない気がする。
と思って、もう一枚。


— カメラ:X30、f/8.0、1/100、ISO100 —

目線は奥に行くようになったかな。でも、何となく、表現しきれていない感じが拭えない。。。
明るすぎる?夕方とか、朝方だと雰囲気も違うかも。
もっと引いてみる?あえてしっかり手前の瓦と石垣を写してしまうか。

色々と試したいことが思いついてきます。
また撮影しに行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA