FUJICA ST801の紹介

「FUJICA ST801」
時々使っているフィルムカメラ。所々で聞いた使い方や注意点を書いておく。少ないFUJICA使いの人達の元にこの情報が届けば、冥利に尽きる。。。

もともとは母親が使っていたカメラ。タンスの奥から引っ張り出してきて、メンテナンス。再び息を吹き返し、活躍中。

でもマイナーだけあって、フィルムカメラの調整店や現像をお願いする写真屋さんに持っていくとほぼ必ず珍しがられる。
いいカメラなんだという評価はどこでも同じで、それはとても嬉しかったりする。

発見時はさすがに年月も経っていて、シャッターはきれるものの、スピードが正しいのかいまいち分からない。また内蔵LEDも光っていなかったので、フィルムカメラ専門店で調整していただいた。
そこで色々とST801に関する情報をお聞きすることが出来たので、その件の話も。



ST801で一番有名な点といえば、このシャッター速度が最高1/2000secであること。

  • 機械式制御
  • 横引きゴム引き布幕フォーカルプレーンシャッター

この機構で1/2000は中々にすごいことなんだと、調整をお願いしたお店の常連さんと話しているときに聞いた。
なのになぜこんなに珍しいもの扱いなのだろう。。FUJICAのなせるわざなんだろう。
またEBC FUJINONレンズとの組み合わせなら、開放測光も可能でピント合わせが非常に楽です。PENTAXのレンズで絞込測光も試してみましたが、露出の雰囲気は分かるもののやっぱりピントが合わせづらいというのが感想。

ファインダーの左側には電池を入れる場所がある。この電池はシャッター幕を動かすためではなく、露出の度合いをファインダーの右側にLEDで示すためのもの。下から上までに赤色に光るLEDがあって、下は暗い、上は明るいを意味している。少しだけ、露出は明るめに出るので、暗いかな?と思うくらいのLEDの位置が調度いい感じ。

EBCのFUJINONレンズを組み合わせれば、開放測光の明るい視野で、露出は分かりやすく表示してくれる、機械式ながらホント使いやすいと感じている。

中に入っている電池はこちら。4LR44という規格。


底から。「by FUJI PHOTO FILM」という文字がカッコイイ。左側に見えるボタン。

このように正面に構えて右側下に来る。撮影修了後、フィルムを巻き取る際にはこのボタンを押しながら、左側のレバーをくるくる巻いていくことになる。

良い点も多いこのカメラだけど、最初の方で書いた注意点もあるらしく、修理をお願いしたお店で聞きました。

シャッタースピードを早めで撮影すると、時々こういった写真のように右側だけ明るいものが出てくる。
調整してもらったお店の人と話してて、ST801の癖として、シャッター幕が跳ね返ってしまって、このように光量が余計に入ってしまう現象があるらしい。これが、先ほど書いた1/2000を達成した横走布幕の代償なのかは分からないけど、どうしても出てしまうことが多いとのこと。

少し調整していただいて、最近はあまり見られなくなってきた。でもシャッター速度が早いほど、この現象は出てしまうらしく、結局1/2000はそれほど使えずというオチ。

 

それからもう一つ。
ST801のレンズのマウントは、M42、もしくはスクリューマウントと言われているもの。
同じマウントを採用しているオールドレンズは多種揃っているので、色々楽しめるというメリット。
ただし。

このマウントの周囲に存在するネジ穴。
ここのネジ穴に、レンズ側から飛び出している突起(押すとへこむやつね)がハマることがあるんだそう。そうなるともう分解して外すしかなくなるとか。マウント部にそのような出っ張りのあるレンズは取り付ける際に注意が必要らしいです。
いままでにPentaxのレンズに関してはいくつか試している。その結果だと、super-takumarのレンズは大丈夫。smc以降は怪しい、といった感じ。それ以外のM42マウントレンズは分かりません。

 

 

中々使っている人に出会わないST801。こんな色んな説明が役立つ時はくるのだろうか。
まあとにかくお気に入りのカメラですし、一通りいままで見聞きした情報をあげてみました。

分かっていることはきちんと書きたかったので、デメリット的なことも書きましたが。。。
個人的には本当に優れたフィルムカメラの1つと感じています。
お手軽だし、機能性は高いし。
あとなにより、レンズが良い!Fujinon Lensは素晴らしいですよ。

ひとくせもふたくせもありますが、それ故か可愛くなってきているのも事実。
良いカメラですよ、ほんと。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA