FUJICA ST801の紹介

私の散歩のお供その1、「FUJICA ST801」です。
もうひとつの相棒X30と比べると、やっぱり少し重いかな?本体だけだと560gくらいですが、レンズと合わせるとそれなりに。

大勢のフィルムシューターの方が、ペンタックスのSPやNikon NewFM2、Olympus OM1を使われるなか、なぜこのようなマイナーなST801を選んだのか。。。

母親が使っていたからです!よくあるパターンです。母は写真部でそれはそれは熱心に撮っていたみたいです。そう、写真部だと体育祭などをサボれるという理由の元に。。。
話が逸れました、すいません。

でもマイナーだけあって、フィルムカメラの調整店や現像をお願いする写真屋さんに持っていくとほぼ必ず

「へーFUJICAですか!」
「ほーFUJICAかいな!」

とのコメントを頂けます。これはこれで嬉しい。

しかしさすがに年月も経っていて、シャッターはきれるものの、スピードが正しいのかいまいち分からない。また内蔵LEDも光っていなかったので、フィルムカメラ専門店で調整していただきました。
そこで色々とST801に関する情報をお聞きすることが出来たので、後ほど書きたいと思います。

ST801で一番有名な点といえば、このシャッター速度が最高1/2000secであることと思います。

  • 機械式制御
  • 横引きゴム引き布幕フォーカルプレーンシャッター

この機構で1/2000は中々にすごいことなんだと、調整をお願いしたお店の常連さんと話しているときに聞きました。
なのになぜこんなに珍しいもの扱いなのだろう。。というのは私の稚拙な考えというものですね。
またEBC FUJINONレンズとの組み合わせなら、開放測光も可能!PENTAXのレンズで絞込測光も試してみましたが、露出の雰囲気は分かるもののやっぱりピントが合わせづらいなあ。。。というのが感想。

ファインダーの左側には電池を入れる場所があります。この電池はシャッター幕を動かすためではなく、露出の度合いをファインダーの右側にLEDで示すためのものです。下から上までに赤色に光るLEDがあって、下は暗い、上は明るいを意味してます。少しだけ、露出は明るめに出ますので、暗いかな?と思うくらいのLEDの位置が調度いい感じ。

EBCのFUJINONレンズを組み合わせれば、開放測光の明るい視野で、露出は分かりやすく表示してくれる、機械式ながらホント使いやすい!

中に入っている電池はこちら。4LR44という規格です。


底から。「by FUJI PHOTO FILM」という文字がカッコイイですよね。左側に見えるボタン。

このように正面に構えて右側下に来ます。撮影修了後、フィルムを巻き取る際にはこのボタンを押しながら、左側のレバーをくるくる巻いていくことになります。

いやーほんと、かっこいいなーST801。完璧じゃん機能もすごいし。
って思ってたんですが、実は最初のフィルムを現像したときに、下のような写真が出てきました。

わかりますかね?
そう、ここの野菜売り場、ひとつ100円で色んな季節の野菜が売ってて、もうほんとすごい助かってて。。。
じゃなかった。すいません。
右側だけ、明るいんですよね。
調整してもらったお店の人と話してて、ST801の癖として、シャッター幕が跳ね返ってしまって、このように光量が余計に入ってしまう現象があるみたいなんです。これが、先ほど書いた1/2000を達成した横走布幕の代償なのかは分かりませんが、どうしても出てしまうことが多いとのこと。

少し調整していただいて、最近はあまり見られなくなってきました。でもシャッター速度が早いほど、この現象は出てしまうらしく、結局1/2000はそれほど使えずというオチです。

 

それからもう一つ。
ST801のレンズのマウントは、M42、もしくはスクリューマウントと言われているものです。
同じマウントを採用しているオールドレンズは多種揃っていますから、色々楽しめるというメリットもあります。
ただし。

このマウントの周囲に存在するネジ穴。
ここのネジ穴に、レンズ側から飛び出している突起(押すとへこむやつね)がハマることがあるんだそうです。そうなるともう分解して外すしかなくなるとか。マウント部にそのような出っ張りのあるレンズは取り付ける際に注意が必要です。
いままでにPentaxのレンズに関してはいくつか試しています。その結果だと、super-takumarのレンズは大丈夫。smc以降は怪しい、といった感じでした。それ以外のM42マウントレンズは分かりません。

 

 

中々使っている人に出会わないST801。こんな色んな説明が役立つ時はくるのでしょうか。
まあとにかくお気に入りのカメラですし、一通りいままで見聞きした情報をあげてみました。
ひとくせもふたくせもありますが、それ故か可愛くなってきました。
これからもこの相棒と一緒に写真撮っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA