68th リンダウ・ノーベル賞受賞者会議参加記録 ~0日目~

JSPSの支援のもと、ありがたいことにリンダウ・ノーベル賞受賞者会議に参加できることとなりました。
随分前に選考を終えた印象でしたが、いよいよドイツに向かう日がやってきました。
このような貴重な機会を得られたので、一通り会議に参加した記録をこのように残しておこうと考えています。



まずは0日目ということで、移動です!
ヨーロッパは初めてで、多少覚悟はしていましたが、やはり遠いです。
航空会社はカタール航空を使いました。今回会議の後に共同研究者を尋ねるので、飛行機の帰りは会議終了より1週間後になっています。JSPSの担当者の方と直接やりとりしましたが、このような飛行機の日程調整は可能のようです(ただし本来帰るはずである日程の飛行機代以上はだせないとのこと)。

日本で名古屋から東京・羽田まで1時間、2時間のトランジット、羽田から中継地のドーハまで10時間、2時間のトランジット、ドーハからミュンヘンまで5時間のフライト、ミュンヘン空港からリンダウまで3時間弱…

なんと合計23時間くらいかかってます。えぐい。(でも日本からだと西側に進むので、特に時差ボケはなし。キチンと睡眠をとって会議に臨むことができそうです。)
ミュンヘン空港からリンダウまでは、電車ももちろんありますが、ミュンヘン市街地に一旦出た後、バスで移動する手段もあります。
(リンダウまでの道を持ってるバス会社 → FlixBus
個人的にはバスの方が楽かなとは思いまずが、2、3時間に一本なので予定が合えばになるかなとは思います。
ちなみにバス乗り場では同じくリンダウ会議に参加する若手研究者がたくさんいました。若くてでかいスーツケース持っていたら、まず間違いなく参加者です笑。
その場だけでも、ハンガリー、ロシア、アメリカ、ブラジル、オマーン、私を含めた3人の日本人などなど。。。世界中の若手研究者が集う印象を受けました。

一緒になった人たちはほとんどがホテルだったのに対し、私はホストファミリーと滞在するオプションを選択していました。
これは自分自身でどちらかを選ぶことができます。
なのでバス停を予め伝えておいたので、迎えにきてくださりました。欧州らしく、欧州車にのってホストファミリーの家に向かいます。

道中がこんな感じ。

とっても雰囲気の良い街並みです。もしホテルとかよりも、Airbnbなどを使って地元らしい場所に滞在するのを好むのであれば、ホストファミリーという選択は正解だと思います。

荷物を置いた後に、少し休んで実際の会場となるリンダウの島をホストファミリーの方に案内していただきました。

昔のまま残っている建物が多く、とても良い雰囲気・街並みです。第二次世界大戦の時にも、ここのリンダウは攻撃の対象とはならなかったのが理由だそうです。工場もなく、また永世中立国であるスイスが湖を挟んですぐ隣にあることも、攻撃を免れた理由だろうとホストファミリーの方が話してくださいました。文化的、歴史的な街です。

その後はホテルのレストランにある外のテラスで食事。目の前がリンダウのヨットハーバーで、とんでもなく贅沢な場所だなあと思いました。
ホストファミリーのファミリーネームがホテルの名前の一番最初に書いてあり、もしかしてここのホテルのオーナー。。。?とか思いましたが、無粋なことを聞くこともないだろうと考え、確認はせず。でも、食事の後に支払いをしている様子がなかったし、多分そうな気がする。

ちょうどサッカーW杯が開催中ということもあって、パブリックビューイングや、道ゆく人がユニフォームを着ていたりしました。
特に到着したこの日はまさにちょうどドイツ対スウェーデン!
さらに、ホストファミリーのお父さんのお母さんは、スウェーデン出身!
ということで、ホストの親族が集まってサッカー観戦をしている場に混ざらせてもらって、一緒に観戦。

しかし!

23時間弱という移動を終え、ろくに眠りもせず、美味しいご飯とビールを胃袋に流し込んだ私の目は、もはや開けていることができない状態に。。。
結局前半を見て、ちょっとさすがに疲れすぎていて、これ以上一緒に見ていると、あの気持ち良い椅子で寝てしまうんだ、と申し訳なさそうに伝え、一足さきに家に帰らせていただきました。
そのあとはベッドに行くまでの記憶が曖昧です…

そんな感じに深い眠りについたので、この記事も翌朝に書いています。
死んだように眠り、また気持ちの良い晴天で、すっきり。庭の椅子で朝日を浴びながら記事を書くという贅沢を堪能しています。

今日からいよいよ、会議が始まります。まずはオープニングセレモニーなど。
その前に日本人参加者で集まってランチをしようなど、楽しみな1日です。
今の所、西に移動したおかげか、時差ボケはない様子。集中して会議に望めそうです!

では、0日目の記録はこの辺で。

1日目
ーーーーーーーーーーーーー

朝起きてシャワーを浴びて、家の周りを散歩しました。
地元の細い道を歩くのって、最高じゃないですか。






やっぱり猫もいます。まさに猫歩きですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.